ホーム > 注目 > エレベーターの動き方の法則ってあるの?

エレベーターの動き方の法則ってあるの?

エレベーターの動きには法則があります。

 

例えば自分がいる上の階に上がって来るエレベーターが、その途中の階の誰かが下りるためにボタンを押したからといってそこで止まり、一度降りてからまた自分の階を目指すなんてことがあったらたまらないでしょう。

 

しかしエレベーターはほとんどが効率を重視して動くように設計されており、その場合にはまず自分のいる上の階に上がってから、降りる途中で次の人のいる階に止まり、また降りて行くといったように動きます。

 

故障したエレベータとリフトを修理できる会社

 

ただ群管理機能が付いている場合は、複数のエレベーターが効率良く動くように一括して管理されていて、その法則は当てはまりません。

 

例えば上の方の階や下の方の階にばかり集中しないように、例えば離れた階にあるエレベーターを寄こしたりといったように、その1台だけを見ると効率が悪いように見える動きをすることがあります。


関連記事

  1. 気になる賞状印刷

    手放せないものだからこそ安心が出来る物を持っていたいと思います。整理整頓も兼ね...

  2. 注文住宅について

    これから何年も使い続ける大切な買い物と言えば?安らぎを求められる持ち家を買うこ...

  3. 鏡も宣材に

    普段から舞台やドラマを見ている人ならあって当たり前の物だと思っています。一般的...

  4. ステッカーだって作れます

    世の中現金な物で流行っているからってブランドから何から同じ商品を持っている人が...

  5. 使いやすいバッテリー

    仕事もそうですがテレビでも色々な場面で出てきたりしていますねー。普通に使ってい...

  6. エレベーターの動き方の法則ってあるの?

    エレベーターの動きには法則があります。   例えば自分がいる上の階に上...